(新約聖書)ヨハネの福音書20章29節

十字架上で亡くなられ、その後復活されたイエス・キリストは、彼の弟子たちの前に現れました。しかし、イエスに従ってきたトマスという弟子は、その場にいませんでした。他の弟子たちは興奮してトマスに言いました。「私たちは主(イエス)を見た」。それを聞いたトマスは、「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところに差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じません」と言いました。トマスはイエスが十字架につけられた証拠、釘打たれて空いた手の穴、そして、槍で串刺されたわき腹の穴を見て、触らなければ信じないといいました。
その出来事から8日後、再びイエスは弟子たちに姿を現され、その中にはトマスもいました。イエスは彼らに「平安があなたがたにあるように」と言いました。そして、トマスに向って「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい」と言われ、その手とわき腹をトマスに差し出されました。その時トマスは、目の前にいるイエス・キリストがおばけではなく、肉体をもって復活した方であることをはっきりと知りました。
私たちは、目に見えないと信じないというトマスの言葉をよく理解できます。でも、実は私たちの周りには見ることはできなくても存在していることを信じているものがいくらでもあります。例えば「電気、感情」などもそうです。イエス・キリストの復活は、彼が生まれるずっと前から、それは旧約聖書の時代からすでに、預言されていました。さらに、イエスご自身も復活を預言しました。そして、復活したイエスに出会った弟子たちが命をかけて証言しました(事実トマスはこの後インドに宣教に行き、そこで殉教したと言われています)。これらがイエスが復活したことを確かに証言しています。目に見えることを信じることはたやすいです。一方、目には見えないことを信じることは困難です。ですから、こう言えます。イエスを信じる信仰は、本物の信仰であり、それはとても深い信仰です。ぜひ、この復活されたイエス・キリストを求めて下さい。